商品情報

ダイレクト・ダイオード・レーザ溶接機 20WNEW

ML-5020AW

ML-5020AW

アクティブヒートコントロール™に対応し、
レーザはんだ付けに最適!

  • 特長
  • 仕様
  • 外観図
  • サンプル/動画

20W出力/2点同時加工が可能なダイレクト・ダイオード・レーザ溶接機です。
レーザはんだ付けを想定した製品で、「こて」を用いたはんだ付けと比べると、非接触でダメージの少ない加工を実現します。
最新の加工技術であるアクティブヒートコントロール機能を採用し、入熱管理が加工品質を左右するアプリケーションに有効です。
小型化・小径化が進む電子部品(チップ抵抗や同軸ケーブル)へのレーザはんだ付けにお勧めです。

特長

  • レーザはんだ付けに最適
    レーザを熱源としたはんだ付けで、「こて」を用いない非接触の方法です。
    こて先に穴が空くような心配も無く、省メンテンナンス化に貢献します。
    また、レーザの特長である微細集光径を生かし「局所加熱」することで、「製品(ワーク)全体の加熱が不要」なのも大きなメリットです。レーザを使うことで加工箇所をピンポイントで狙うことができ、電子部品等の小型化に伴う、狭小箇所へのはんだ付けに最適です。鉛フリーはんだにも対応します。
    加工方法: 熱源としてレーザを照射後、糸はんだを供給します。
    ペーストはんだの場合、先にはんだを塗布しレーザを照射します。

    イメージ:チップ抵抗のレーザはんだ付け(例)

    レーザはんだ付けサンプル
    レーザはんだ付けサンプル

    ①ワークをセットします

    ②レーザ照射により加熱されます

    レーザはんだ付けサンプル
    レーザはんだ付けサンプル

    ③はんだを供給します

    ④はんだが塗れ拡がります

    レーザはんだ付けサンプル
    レーザはんだ付けサンプル

    ⑤レーザ照射を停止し、接合されます

     

    アクティブヒートコントロールにより、最適な加工となるようレーザ出力を的確に制御できます

  • アクティブヒートコントロール™
    専用出射ユニットと組み合わせることで、アクティブヒートコントロール※1が使用可能です。
    2点同時加工に標準対応、各々の光学系で機能します。
    ステンレスやアルミといった金属と比べて融点の低いはんだ付けでは、加工部基準でレーザ出力を制御するこの機能が有効です。歩留まり改善に有効な加工技術で、初めてレーザ溶接機を検討される場合にもお勧めです。
  • レーザはんだ付けサンプル
  • 省エネルギー
    発振効率の良いLD(レーザダイオード)の光を直接熱加工に応用できるため、消費電力が小さく、効率の良いエネルギー装置です。
  • レーザ樹脂溶着にも有効
    ダイレクト・ダイオード・レーザの特長でもあるビーム品質を生かし、金属に比べ融点の低い樹脂溶着にもお使い頂けます。接着剤を用いずに接合することでコストダウンが可能、また環境にもやさしい加工を実現します。
  • 軽量コンパクト
    自動機への搭載を前提に設計、省スペース化に繋がります。
  • メンテナンスフリー
    設計最適化によりメンテナンスフリーを実現、消耗品代や交換工数の削減に貢献します。
  • 特長
  • 仕様
  • 外観図
  • サンプル/動画

商品情報