商品情報

ファイバーレーザハンディ溶接機 NEW

ファイバーレーザハンディ溶接機

FLW-600MT

600W発振器搭載

省スペース・省エネ型のファイバー
レーザハンディ溶接機

  • 商品特長
  • 仕様
  • 外観図
  • 溶接サンプル

【ハンディトーチ】

項目 仕様
タイプ 先端変更タイプ(L型、ストレート型)ウインドウ(保護ガラス)内蔵
(ストレート型はオプション)
質量 460g(L型レンズブロック装着時)
395g(S型レンズブロック装着時)
シールドガス アルゴン・窒素
溶接条件 90種類の中から手動選択
付属品 ① テーブルトーチスタンド:1個
② 保護手袋(革製):1セット
③ 保護手袋(導電性繊維製):5セット
④ ウインドウ(φ12×厚さ2mm):10枚
⑤ ノズル(カーボン製 外径φ7×内径φ5×長さ20mm):50個
⑥ ノズル(カーボン製 外径φ7×内径φ5×長さ12mm):10個
⑦ 防塵マスク:20枚
⑧ 簡易クリーンブース:1式

【発振器:ML-3060AS】

項目 仕様
発振器 最大定格出力
(発振器出力)
REPEATモード 600W
CWモード 550W
最大ピークパワー
(発振器出力)
REPEATモード 最大:5.500kW
最低(パワーフィードバックON):1.000kW
最低(パワーフィードバックOFF):600W
CWモード 最大:550W
最低(パワーフィードバックON):100W
最低(パワーフィードバックOFF):60W
パルス幅 REPEATモード 標準:0.2~50.00ms (0.1ms ステップ)[エネルギー(J)]×[繰り返し(pps)]= 600W 以下
ただし、パルスエネルギーは60J 以下、DUTY は50%以下
注意:1.200kW 以上の出力波形を使用する場合、平均出力が600W 以下に保たれるように、pps の値の入力が制限され、結果として、DUTY 比は50%よりも小さな値になります。
同様に、SHOT 数が1 の波形を出力した場合も平均出力を600W 以下に保つため、一定時間、準備完了信号が自動的にOFFになり、次のレーザスタートを受け付けません。
CWモード 標準:0.1~1000.0s(0.1s ステップ)
パルス繰り返し数/変調繰り返し数 1~1000pps(REPEAT モード)
変調機能 1~5000Hz(正弦波、三角波、矩形波)(CW モード)
発振波長 基本波
安全シャッター 開閉センサー付き
位置決めガイド光 赤色可視レーザ内蔵
反射光防止 反射光センサー内蔵
出力安定度 ±2%@600W/4 時間(温度一定)
電源 供給電源 入力電源 単相AC200~240V(+10%/-15%)
周波数 50/60Hz
最大入力電流 23A(200V)、21A(220V)、19A(240V)
最大皮相電力 3.8kVA
消費電力 最大 3.5kW
待機時 0.2kW
ブレーカ容量 30A
外形寸法 750(W)×750(D)×1250(H)mm
質量 250kg以下
  • 商品特長
  • 仕様
  • 外観図
  • 溶接サンプル

商品情報